MENU

おまとめローンには銀行のカードローンを利用しましょう

銀行からの借り入れには総量規制が適用されないため、カードローンがそのままおまとめローンとして利用できる場合があります。

 

元からそのように明記されているカードローンもありますが、そうではないカードローンでも場合によってはそのように利用することができます。ですが明記しているカードローンと比べた場合、やはり高額の借り入れは難しいことが多いです。

 

どういった銀行を利用すればいいの?

おまとめローンに利用できると明記している銀行のカードローンですが、具体的にはオリックス銀行やイオン銀行、楽天銀行のカードローンです。これらの銀行ではおまとめや借り換えの為に利用することが可能だと明記されています。
ですのでおまとめローンとして利用するために申し込みをした場合でも融資を受けられる可能性が高いといえます。

 

おまとめローンとして申し込む場合、どうしても融資希望額が大きくなると思いますが、それも当然です。他からの借り入れを1本化するためのローンがおまとめローンです。ですのでおまとめローンとしての利用をあまり歓迎していないような銀行では、利用目的以前にこの融資希望額で審査に通らないことがあります。

 

おまとめローンは銀行にも危険があります

おまとめローンではこのように融資額が大きくなるため、貸し出す方にもメリットが大きいといえます。銀行も貸し出したお金の金利を利益にしますので、出来るだけ大きい金額を貸し出したいと思っています。ですがそれはきちんと返済が行われるということが前提です。おまとめローンは融資額が高額になる分完済がされない、いわゆる貸し倒れ状態になるリスクが通常のカードローンより大きくなります。このため、積極的におまとめローンを行っていない銀行も多いのです。

 

借り入れ件数が少ないほど信用されます

おまとめローンを利用することで、借り入れ件数は一気に減ります。またおまとめローンを組めたということは、その貸し出した側はその人を信用して大金を融資したということです。借り入れ件数が少ないということは、信用があるからこそ少なく出来たといえます。このように借り入れ件数を減らすことは借り入れ金額が同じだったとしても、大変意味のあることなのです。その後の融資を受ける際にも大きく影響します。

 

消費者金融を利用する場合は?

おまとめローンは銀行だけでなく、消費者金融各社でも扱っています。この場合、最初からはっきりとおまとめローンという専用のローンになっています。

 

これは消費者金融には総量規制が適用されるためで、本来消費者金融からは年収の1/3以上の借り入れは行えませんが、おまとめローンのように目的が決まっているローンは対象外になることがあります。

 

これを利用しておまとめローンとして提供されているのです。このおまとめ専用ローンを扱っている消費者金融は、大手ではプロミス、アコム、アイフルの3社です。

 

どれもおまとめローン専用の貸し出しになるので、総量規制の対象外になります。その3社のおまとめローンの金利には結構違いがあります。

 

  • プロミス 6.3〜17.8%
  • アコム 7.7〜18.0%
  • アイフル 12.0〜15.0%

 

このようになっており、これだけを見るとアイフルは平均的に高いと感じるかも知れませんが、金利は借り入れ金額によって上記の範囲で変化するものです。一般的に借入金額が小さいほど金利は高くなりますので、小さい金額の場合はアイフルが一番おすすめです。

 

逆に大きい金額になる場合はプロミスがおすすめできます。アイフルとでは金利の下限が倍近く違います。はっきりとは言えませんが、おおむね100万円を超える借り入れの場合、プロミスが一番金利が低く済む可能性が高いといえます。

 

またプロミスとアコムではこのおまとめ専用ローンで借り入れられる最大の金額は300万円までです。それに対してアイフルでは500万円までになっています。希望額に応じて選択できる会社も限られますので、その点にも注意してください。

 

つまり借り入れを行う金額によって金利で損をしないように消費者金融を選択することが大切だといえます。この3社の中ではアコムを利用するメリットはあまり無さそうです。

 

銀行でも金利が違います

おまとめローンとして利用が可能なカードローンを提供している銀行でも、それぞれ金利が違います。

 

  • オリックス銀行 3〜17.8%
  • イオン銀行 4.8〜13.5%
  • 楽天銀行 4.9〜14.5%

消費者金融の場合と同様に、借り入れ金額が少ない場合はイオン銀行を、大きい場合はオリックス銀行が金利的に得になることが多いと思います。どの銀行も基本的に消費者金融より金利は低く設定されているのが特徴です。

 

銀行は消費者金融と比べて審査が厳しいことが多いです。これはおまとめローンの場合でも変わりません。おまとめローンを組みたい場合、まず銀行に申し込みを行い、審査を通らなかった場合に消費者金融に申し込みを行うという順番で利用を考えてみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日