MENU

借金の一本化をすることでのメリットとは?

個々人によって違いはありますが、キャッシングの合計金額が60万円ぐらいになると、借金の一本化(おまとめローン)を検討したほうがよいと言われていて、これが80万円になるとさらにその度合いが大きくなり、100万円ともなると、絶対にするべきと言われていますが、これに関しては、明確な基準は定められていないというのが正直なところです。それは消費者金融によって、キャッシング金額別の金利が違ってくるためです。

 

最も高い金利となるのは、大体50万円以下です

消費者金融等でキャッシングをするとなった場合、金額によっては収入を証明する書類を提出しなければいけません。その金額というのが大方の消費者金融では50万円とされていて、50万円以下であれば、上記の書類を必要としないところが多いです。ですから、キャッシングの合計金額が50万円以下の人は、おまとめローンの利用に関係なく、金利は18%のままとなります。

 

60万円となると金利に変化が出てくる可能性があります

金利が小さくなる可能性があるとすれば、この60万円からであり、必ずそうなるとは限りませんが、例えば信用に全くない方となると、案外容易に金利を低くすることが出来るかもしれません。ですから、逆に信用に問題がある方ですと、60万円でも低くならないことがあるということになります。ですが、金利が低くなる可能性があるのは、60万円というのは間違いなさそうです。

 

80万円までくると金利が低くなる可能性が非常に高くなります

キャッシングの合計金額が80万円といった場合は、金利が低くなる可能性は非常に高いです。まれに80万円となっても、低くならないことはあるようですが、それは、信用に相当問題がある人であって、普通にキャッシングをしている以上はないことかと思われます。先ほど60万円と同じく、必ずしもそうなるとは限らないのですが、合計金額が80万円まで来ているのであれば、借金の一本化は十分考える必要はあると言えます。

 

100万円以上となると、金利が非常に低くなるのはほぼ間違いありません

キャッシングの合計金額が100万円以上となった場合には、どこであっても金利は低くなるといっても過言ではないでしょう。ここまで来ても金利に変化がない会社というのは、大手の消費者金融を見てもほぼないですし、その利用者の信用に問題がある場合でも金利は低くなるかと思われます。このことから、借金の一本化を利用するべき金額としては、100万円と考えることができ、この金額であれば絶対一本化をするようにしてください。

 

もし、金利に変化がない場合でも一本化はした方がよさそうです

これまでは、金利面で有利になるため、一本化を推奨してきましたが、もし、金利面で変化がない場合でも実は一本化は利用したほうがよいのです。それは、一本化を利用することで、数ある借金の総額をきちんと把握することができるためであり、現実、借金が複数あることでその総額というのを把握できていない人がかなり存在すると言われています。

 

信じられないかもしれませんが、その金額としては少ない人で2、3万円、多い人だと10万円を超えるぐらいの誤差があるとされています。このようなことは、複数の会社からキャッシングをした人でなければ分からないことであり、複数の会社からキャッシングをすることで、それらの借金の管理が苦痛になってくるようです。そのため、前述のような誤差が生まれると言われています。

 

苦痛を和らげるためにも一本化は便利です

前述のような苦痛を和らげるといったことも、一本化をすることのメリットとなっていて、たとえ金利が低くならなくても、複数存在した借金が1社のみとなることで、借金の合計が理解しやすくなりますし、完済の時期も明確になります。

 

マラソンで例えるなら、ゴールが見えてくるということになり、ゴールが見えてくることによって、気持ちの面でもかなり違ってくると思います。そういった意味からも、借金を一本化は金利が低くならない場合でもした方がよいのです。

 

返済を行う際の手数料、時間も短縮することができます

借金を一本化することのもう1つのメリットとしては、返済を行う際の手数料、時間を節約できるといったことが挙げられます。仮に、これが銀行でのキャッシングとなった場合は、コンビニのATMであっても、手数料を取られないところが多いと言われていますが、消費者金融でのキャッシングの場合は、コンビニのATMで返済を行うと手数料を取られる場合が多々あり、それは銀行での返済となっても変わりありません。

 

ですから、手数料を取られずに返済を行うとなると、各々の会社のATMを利用するほかないことになります。複数の会社からキャッシングをしている人の多数が返済を行う際に手数料も含めて返済していると言われていて、一本化をすることで、手数料を減らせたり、無くなることもメリットとなるのですが、その他にも手数料のために、遠方に足を運び、各々の会社のATMを利用している人であれば、そこまで行く時間も短縮することができます。

 

そして、何より何百円かのために、20分程かけてそのATMまで足を運ぶというのは、どう考えても時間がもったいないです。このように考えると、一本化は時間や手数料の無駄を減らすことにもつながりますので、一本化をしても金利面でのメリットがないといった場合であっても、複数存在する借金は一本化した方が賢明だと言えるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日