MENU

双方の大きな違い

通常のカードローンとおまとめローンの違いは、大きく分けると三つです。まず、対象にしている相手が違います。通常のカードローンは、返済してもらえる可能性があるならば、誰にでも利用できます。おまとめローンの場合は、たくさんの業者から借金を借りている人、多重債務者を対象としています。

 

そのため、二つ目の違いとして、借入件数が不利になることと、不利にはならないことが挙げられます。もちろん、カードローンが前者で、おまとめローンが後者です。そして、最後に業者が積極的に増やそうとしているのがカードローンで、消極的なのがおまとめローンだであると言う点です。

 

おまとめローンの審査

 

消費者金融の場合

おまとめローンの審査を行っている消費者金融は大手でもたった三つしかありません。アコム、アイフル、プロミスの三企業です。その他の消費者金融はあまり行っていないのですが、その理由として考えられるのが、消費者金融には総量規制がかかるからです。おまとめローンを行いたいという人の多くが、金利によって年収の3分の1以上、総量規制の範囲外の借金を背負っている人が多いでしょう。

 

借金を返済するために、多くの企業から借金を背負ってしまい、気が付けば膨らみすぎているという場合が多いです。そのため、一本化しようにも、消費者金融は総量規制の範囲内までしか融資できないため、結果的にまとめきれないというケースが多いのです。そのため申し込めない場合が多く、おまとめローンのコースを用意するメリットがあまりないので、おまとめローンを行う会社は少ないのです。

 

銀行の場合

銀行は、積極的におまとめローンの利用を受け入れる場所と、消極的な場所が大体半々になっています。おまとめローンはどこでも利用できますが、積極的にしているのはオリックス銀行カードローン、イオン銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンぐらいしかありません。

 

おまとめローンに積極的でない理由

当然のことですが、おまとめローンを受け入れることに、業者としてもメリットがあります。他の業者の売り上げを自社に持ってくることができるのですから、業者間の競争という観点からもかなりのメリットだと言えるのですが、その分デメリットが大きすぎるのです。前述したように、おまとめローンの対象者は多重債務者なのですが、彼らは業者からすれば、信用度の低い、借入するのにはリスクの高い人です。

 

返済能力に期待できなかったり、返済事故を起こしたことのある人は、多重債務者に多く、今後も貸し倒れされてしまうことも視野に入ります。銀行からすれば、かなり危険な橋を渡ることになるので、どうしても消極的になりかねないのです。さらに、現在の借入状況も調査する必要がありますから、審査にも手間がかかるため、いいことがあまりないのです。

 

おまとめローンの即日融資

消費者金融ならば、おまとめローンの即日融資も、かなり厳しいですが可能です。厳しい理由はどうしても審査に時間がかかってしまうからですが、一応は可能です。そもそも、おまとめローン自体が即日審査や即日融資を本来ならば必要としないはずです。

 

即日審査、即日融資を受けたい理由

即日審査、即日融資を受けたい人の理由として考えられるのは、借金返済のために新たにキャッシングを申し込みたいから、という理由です。借入件数を減らすことは審査に通りやすくなるので、そのためにおまとめローンを申し込むという人は少なくはありません。ですが、おまとめローン自体が、借入件数を減らして金利を少なくし、返済しやすくするものです。新たにキャッシングを申し込むということは、本末転倒なことだとは理解できますね。

 

そもそも、借金の返済のために新たなキャッシングを申し込もうとする時点で、すでに借金地獄に自ら陥っているようなもので、おまとめローンをしたところで、借金から解放されることはありません。あくまで返済しやすくすることが目的であって、金額自体は減りませんから、借金に苦しみ続けることには変わりありません。このような状態に陥るならば、いっそのこと債務整理をしてしまった方がいいでしょう。

 

債務整理自体は決して悪い事ではありませんし、自己破産や個人再生など、自分自身にあった方法を選ぶこともできます。もちろんデメリットはありますが、辛い借金から解放されると考えれば、かゆくもなんともありません。ですので、返済のために新たなキャッシングを申込むより、自己破産をした方がはるかに楽です。おまとめローンはあくまで、返済をしやすくするものですので、これ以上借金を増やすために利用するのはあまりオススメできません。考え直して、債務整理をした方がいいでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日