MENU

意外と気にしていなかった、誰でもできる2つのコツ

簡単なようで案外盲点だった。キャッシング審査に通るための2つのコツをご紹介します。この2つのコツは、時間をかけて準備することではないので、審査を受けようと思った直前でも実践可能です。

 

これからご紹介する2つのコツを今すぐに実践してみましょう。

 

借入総額に注目

自分には借入がたくさんあるから、これ以上の借入は無理かもしれない。と思って諦めているあなた。まだまだ審査を通る可能性は十分にあります。今現在の借入総額に注目してみましょう。

 

恐らく審査を諦めるくらいの額の借入があるのではないでしょうか。そこに注目し、まずはその借入総額を減らす努力をしましょう。わかっているようで案外盲点の部分ですよね。それだけでも審査を通る可能性が十分に出てきます。

 

返済額が重要ではない

重要なのは返済額を減らすことなのですが、審査を受けようとしている方が一度に大きな額を返済するのはなかなか難しいですよね。もちろんたくさん返済するに越したことはないのですが、ここでは返済額の大小が審査に影響するというよりは、審査前に返済をしたという行動に意味があるのです。キャッシング審査をする側は、このような行動をする人としない人では、もちろんする人のほうを信頼します。そういった意味で、返済額が重要ではなく、少しでも返済をするということが重要です。

 

事前の返済は礼儀正しさを表す

キャッシング審査をする側の判断材料として、礼儀正しさがあります。ここでの礼儀正しいというのは、あいさつがしっかりできるということではなく、審査を受けるにあたってしっかり行動を起こしているかということになります。この礼儀正しさが、キャッシング審査をする側の心に響きます。そして、このような行動をする方は、そうでない方に比べて連絡がつきやすく、延滞も少ないと考えます。キャッシング審査をするにあたり、事前返済をする人しない人、どちらを審査に通したいかと言われたら、答えはもうお分かりですね。

 

なんとか現金にして返済を

貯金がないからといって事前返済を諦めてはいけません。今は何でも売れる時代です。何かいらない物をまとめて売り、小額でもいいので現金にします。そのお金を返済にあてることで審査を有利に進めることができます。100パーセント審査に通るということではありませんが、やるとやらないでは差がでてくるので、是非試してみて下さい。

 

謙虚な申し込みで信頼を

審査には謙虚な姿勢を見せることも大切です。借りたい金額より少し多く申請したくなる気持ちも分かりますが、なるべく謙虚に申請をしましょう。同じ人が100万円の申請をした場合と10万円の申請をした場合、10万円の申請をした場合の方が審査側から信頼されます。この申請方法が、キャッシング審査を通るための2つ目のコツです。

 

意外と関係している借入希望額

業者や銀行によって、審査基準は様々ですが、基本的に借入希望額が大きい方のほうが審査が通りにくいです。キャッシング業者のホームページ上などで、借入希望額は関係ないと書かれていますが、実際には関係している場合があります。もちろん借入希望額だけでは判断していませんが、全く関係していない訳ではないので、ここでは注意が必要です。

 

借入希望額と返済は比例している

業者の中で様々なデータの元に審査が進められています。その中で、借入希望額と返済は比例しているというデータがあります。借入希望額が多ければ多い程、返済が遅れやすく、少なければ少ない程返済期日を守るということです。このようなデータが出ている以上、審査材料にするのは当たり前ですよね。また、借入希望額が多い方は、返済が遅れるだけでなく、連絡がつかなくなったり、自己破産に繋がる可能性も十分にあります。

 

知っているようで案外知らなかった、謙虚に申し込むということ。このような解説があれば当たり前と思うかもしれませんが、いざ申し込みとなるとなかなか気がつかない部分です。今後の審査では、なるべく小額で謙虚に申し込むということを意識してみましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日