MENU

即日融資と即日審査は何が違うのか

キャッシング会社のホームページには、よく審査完了後には即日融資が可能であるとか、ネットからの申し込みによって即日審査が可能というような言葉が書かれていることがあります。

 

見る側の気持ちとして、即日という言葉が書かれていると、キャッシングがすぐに行われるのではないかと思ってしまいがちですが、「即日審査」と「即日融資」という2つの単語があることに気づくでしょう。即日審査をしてくれるからといって、即日融資をしてくれるわけではないのです。

 

最短時間でのキャッシングはココがおすすめ
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

即日審査から融資までは1週間かかることもある

即日審査と即日融資というのは似て非なるものであり、融資まで時間がかかる場合があります。そこに気をつけて申し込みをしないと、「今日中に審査と書いてあったから申し込んだのにお金が入らなかった」とか、「借り入れするまでに1週間かかった」などということが発生します。そこでここでは、即日審査と即日融資はどう違うのかということについて記していきます。

 

消費者金融が強い「即日融資」

即日融資は言葉の通り、申し込み当日に借入が可能ということです。即日融資をしてくれるキャッシング会社は消費者金融系のキャッシング会社ということになっており、銀行カードローンではほぼありません。

 

例外的に行っているところもありますが、ほぼないということを覚えておいてください。この理由としては、自動契約機がないということが挙げられます。大手の消費者金融は全国各地に自動契約機を設置しています。そのため、本人確認書類やカード発行をすべてこの機械で行うことができるのです。

 

口座振り込み時間の制約がある銀行カードローン

銀行カードローンは時間的な制約が発生します。なぜなら、銀行カードローンの母体は銀行ですから、銀行の営業時間である平日15時を超えると振込ができなくなってしまいます。

 

しかし、自動契約機があれば、15時を超えても夜であっても契約ができ、カードの発行も行えます。消費者金融が強いのは、店頭以外のカード発行手段を持っているからなのです。

 

即日融資を早めにしたいなら早めの申込を

銀行カードローンは不利なように聞こえますが、平日の15時前に受付をして申し込めば、審査がそれだけ早く終わりますし、早く審査が終わればそのまま振り込みでキャッシングを行えます。また、本支店が最寄りにあれば、15時以降でも窓口でカードを受け取り、借入ができます。

 

即日融資、即日審査、申し込み受付の違いとは?

即日審査というのは「当日中に審査をします」ということであり、当日中の融資を約束するものではありません。そのため、審査結果が合格でも、当日中に融資されるとは限らないのです。カードローンの口コミサイトなどを見ると、「即日審査可能」と書かれていますが、実際に借入可能になったのは5日後という人もいるのです。

 

また、「インターネットで24時間受付可能」という文言もよく見るようにしてください。あくまでも「受付」であり、審査結果の回答が遅くなる場合があります。キャッシング会社のホームページには簡易診査のページが設けられていることがありますが、これはあくまでコンピュータを使った簡易診査であり、本審査は別物ですので、そこにも気をつけておいてください。即日融資を希望なら、消費者金融を利用する

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日