MENU

10万円ならまず審査に通ります!

消費者金融の最小の限度額は10万円に設定されています。この限度額とは、そこまでなら問題なく貸し出すことができると消費者金融がその人に対して定めた金額で、借り入れを行う側はこの上限額までの中で自由にキャッシングを行うことができます。

 

キャッシングの利用は学生でも可能ですが、この学生の場合、最初は限度額が10万円に設定されることが多いです。この限度額はきちんと返済日を守って支払いをしている、利用期間がある程度になり信用ができた、など理由で増額されることがありますが、10万円に設定されているうちは正直なところ、審査には一応通ったがまだ信用できるか分からない、と思われているということです。

 

最初に10万円と設定された場合、ここから限度額が増額できるかどうかは上記のような利用状況次第です。増額が可能になった場合、無理にすることはありませんが、いざとなった時の余裕ができると思ってしておいても損はないと思います。

 

限度額は職業や収入次第

学生の場合とは違い、会社員や公務員の場合は少額の融資を希望した場合でも、30万円の限度額を設定されることが多いです。これは社会的な信用があるかどうかの違いです。消費者金融の場合、無担保・保証人なしでの融資は50万円までになります。

 

それ以上の融資には収入証明書が必要になります。これは職業を問いません。この収入証明書の提示により、年収の1/3までの融資が可能になります。ですが銀行のカードローンの場合、50万円を超えても収入証明書は必要がないことがほとんどです。300万まで収入証明書の提示を必要としない銀行もあります。

 

消費者金融では銀行と比べて審査の時間が短いことが多く、いわば見切り発進的な融資を行うこともある為、少額であればすぐに借り入れることが可能ですが、50万円と超える高額に融資になると慎重になるといった面があります。

借入希望金額が少ないほど融資は通りやすい

融資を申し込む際に借入希望金額を記入しますが、これは限度額とは違い、契約と同時に借り入れをしたい金額です。この希望額が少額の場合でも、限度額は通常それ以上の額に設定されます。最低が10万円になるので、5万円の融資を希望した場合でも10万円以上に設定されます。これはそこまでなら問題なく貸し出せると判断されてのことなので、何も問題はありません。多いほど信用されているということです。

 

ですが逆に最初から大きな金額を希望した場合、審査が通りにくくなることがあります。それは希望額が大きい人は延滞や貸し倒れになる可能性が高いと、今までの統計から判断している為です。借り入れ金額が大きいほど、毎月の返済額も基本的に多くなります。

 

その分少額の場合より返済が難しくなるのは言うまでもありません。少しでも危険があると判断された場合、まず審査を通りません。本当に必要な出来るだけ少ない金額を希望額として申し込むことで、審査を通る可能性が高くなります。

 

少額専門のカードローンは危険

中小の消費者金融では、学生専用の学生ローンや女性専用のレディースローンといった、おおよそ20万円以下の少額専門のローンを用意していることがあります。ですがこのような少額専門のローンはおすすめできません。それは金利が高く設定されているからです。

 

大手の消費者金融では最大でも年利18%の金利に設定されていますが、このような少額専門のローンでは20%のことがほとんどです。この20%とは、利息制限法ギリギリの数字です。融資金額が少額の場合、必然的に金利額も少なくなるので、少しでも多く金利をとろうと考えての設定です。無理にこういった金利の高い融資を受けることはありません。

 

大手の消費者金融で希望金額を10万円以下にして申し込みをした場合、きちんと収入がある人であればまず落とされることはありません。少額の融資を希望する場合でも、そのような金利が高額な少額専門ローンは利用せず、大手の消費者金融を利用しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日